最新マルチコピー機のここがすごい!

小冊子プリント機能で、面倒な設定は必要ナシ!

小冊子プリント機能では、印刷、製本に必要な調整を自動で行います。

これまでコピー本を作る際には、折って綴じたときにきちんとページ順に並ぶようにあらかじめ計算して印刷する必要がありました。
(面付けといいます)
ですが、この作業ももう必要ありません。
マルチコピー機に原稿データを入力し、ページ順序を指定すれば自動で面付けが行われます。

またマルチコピー機では、冊子の大きさに合わせて原稿を自動的に拡大・縮小します。原稿の一部がはみ出して印刷されなかったり、逆に縮小されて読めないということもありません。

すぐに製本できるよう、大きさ、順序を揃えて一冊ずつ印刷されますので、用紙を持ち帰ってそのまま綴じればコピー本のできあがりです。

小冊子プリント機能では、印刷、製本に必要な調整を自動で行います。小冊子プリント機能では、印刷、製本に必要な調整を自動で行います。

美しい印刷を実現する、マルチコピー機の最新技術

どんなに細かな線や点を描いても潰れず綺麗に印刷できます。

オフセット印刷機の細かさは175線から200線、デジタルに換算するとおよそ350dpiから400dpiと言われています。そのため、従来はデジタル印刷機でも600dpiもあれば十分と考えられていたのですが、やはり職人技には及びませんでした。デジタル印刷機だとどうしても線にギザギザが出てしまうのです。(オフセット印刷機は職人さんが熟練の技で修正しています)
ではどうすれば良いか……そうだ、ドット数をもっと増やそう!と考えて開発されたのが、マルチコピー機の高品質書き込み技術『高品質LED Print Head』です。その細かさは、1200dpi×2400dpi。以前の600dpi×600dpi​に比べ1/8の大きさです。
もはや人間の目で確認できる大きさではありません。どんなに細かな線や点を描いても潰れず綺麗に印刷できます。

詳しくはコチラ

もうオフセット印刷には負けません!
マルチコピー機にはこの2400dpiの解像度の力を最大限引き出すために、グラデーションやハーフトーンをより細かく印刷する『HQデジタルスクリーン技術』や、線や文字の縁のギザギザを減らしてなめらかな絵を出力する『イメージエンハンスメント技術』などの様々な画像処理技術が搭載されています。
*FMスクリーン技術は搭載されておりません。

詳しくはコチラ

どんなに細かな線や点を描いても潰れず綺麗に印刷できます。どんなに細かな線や点を描いても潰れず綺麗に印刷できます。

これだけじゃない!他にもマルチコピーには美しい印刷のための様々の技術がいっぱい!これだけじゃない!他にもマルチコピーには美しい印刷のための様々の技術がいっぱい!

  • EA-Ecoトナー

    これまでコピー機の印刷といえば特徴的なテカテカ感(グロス)がありました。
    このテカテカ感があると『いかにもコピー本』という感じがして気になる人も多かったはず。
    マルチコピー機ではトナーの分子構造が改良された『EA-Ecoトナー』を採用することで、このテカテカ感を抑え、より目に優しく、映える印刷を実現しています。

    詳しくはコチラ

  • デジタル画像位置制御技術(IReCT)

    カラーコピー機はシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色の版に分解し、それらを重ね合わせて印刷することでカラー画像を再現します。内部でそれぞれの色の印刷のための装置が分かれているため、この4色をズレなく重ねなければなりません。
    マルチコピー機では画像のズレ情報を光センサーで読み取り、画像データをデジタル信号のまま補正する『デジタル画像位置制御技術(IReCT)』を採用しています。これによりマルチコピー機では超高精度で印刷時の色ズレをなくすことができるようになりました。

    詳しくはコチラ

  • エッジエンハンスメント技術

    通常、複合機やプリンターは様々な階調の色の表現のために、スクリーン(網点化)処理を行っています。中間調の線や文字に対して通常のスクリーン処理を行うと、文字や線の輪郭まで網点化されることで輪郭がギザギザになってしまうことがあります。
    『エッジエンハンスメント技術』は線や文字の輪郭部分を判別して、そこだけスクリーン処理を切り替えることで、輪郭がなめらかではっきりとした画像を再現します。

    *文字・線の鮮鋭補正技術は搭載されておりません。

    詳しくはコチラ

マルチコピー機のために開発された専用用紙

マルチコピー機は印刷用紙だってスゴいんです。

マルチコピー機で使われているのは、このために開発された専用用紙です。
真っ白でパリっとした風合い、薄いのにしっかりして破れにくい優れものです。

また表面が滑らかでコシが強く、モノクロもカラーもくっきり、あなたの力作をより美しく魅せてくれます。

マルチコピー機のために開発された専用用紙

イラスト・企画監修 木野陽 [WEB]